玉野市をはじめ、岡山一円のお墓・石材のお手伝いをしております、上口石材の長谷井です。小豆郡土庄町豊島唐櫃にて、お墓のおまとめ・リフォームをさせていただきましたので、その様子をご紹介いたします。

【香川県小豆郡土庄町豊島唐櫃(からと)  お墓の整理】

 

今回は、知人の方からお声かけいただきました。お墓のおまとめやリフォームをご希望でした。

こちらが施工前のお墓です。墓地内に、たくさんのお墓が並んでいますが、どのお墓も大切にお参りされているのが分かるお墓です。頻繁にお参りされるお客様は、毎回たくさんのお墓のお花をお供えしたりそれぞれお掃除をするのも大変なので、お墓をまとめて新しく先祖墓を作りたいとお考えでした。
右端に見えている一番大きなお墓は、下の納骨室が階段で降りる半地下のような構造になっていて、これまではそこへご遺骨を納めておられました。墓地内に新しく先祖墓を作るにも、そういう構造なのでこのお墓は動かすこともできないし・・・と悩まれていたようです。

お客様のお話をうかがって、弊社からは、いまある5基の個人墓と夫婦墓はおまとめして、今後ご家族様で入られる先祖墓を新しく作ることと、今まで先祖墓としてお参りしていた下に納骨室があるお墓は、納骨室はそのまま残して上のお墓の竿石部分を取り外し、五輪塔に作り直してご先祖様のご遺骨を納めることを提案しました。お客様にその案を採用していただき、工事に入ることになりました。

 

工事の様子です。古いお墓は竿石以外は処分しました。ご遺骨はすべて、大きなお墓の地下の納骨室に納められていましたが、形式上、お墓の下の土を少しずつ取ってさらしの袋に入れて五輪塔へ納めます。取り外した竿石は、広い墓地内の一角に安置します。

そのほかに、今後先祖墓となるお墓を新しく建立し、これまで先祖墓としてお参りされていた地下納骨室を備えたお墓は五輪塔に作り直します。墓地内の隅々まできれいに整え、工事完了です。

 

完成しました!

たくさんあったお墓がまとめられて、広々とすっきりしたお墓になりました。

 

右側が、作り直した五輪塔です。上台から下の部分は、以前あった夫婦墓の台石を利用しました。花立てと水鉢も以前からのものです。台石の寸法を測って、それにバランスよく合うように、五輪塔の竿石、笠石、宝寿、ギボシ等を作りました。上台と下台は庵治石で作られていました。新しく作る竿石等は、庵治石と同じような目の細かい石ということで、ポルトガル産のSPIという青御影石でお作りしました。色合い等も違和感がないように仕上げました。

左側は、今後先祖墓としてご納骨されるお墓として新しくお作りしたお墓です。細部にも丁寧な加工を施した伝統的な和型のお墓です。そのお隣りにはこれから納骨される方のお名前を彫刻する霊標を設置しました。後方には塔婆立ても設置しています。

間にある青石の物置石は、国産の自然石です。深いグリーンのきれいな色合いで、明るい色合いが基調のお墓のワンポイントになっています。

 

古いお墓の竿石7本は、ちょうど良いサイズの台石を作って墓地内へ安置しました。周りは真砂土を入れて入れて仕上げています。真砂土で仕上げる場合は、表面の砂はふるったきれいなものを使用するようにしています。

お知り合いの方ということもあって信頼してほとんど一任くださっていたお客様には、「頼んでよかった!」ととても喜んでいただけました。これまでのようにたくさんのお墓それぞれにお花を供えることもなくなりましたし、ご納骨も新しく建てた先祖墓の方へできるようになって、ずいぶん納骨しやすくなりました。将来お墓を継がれるお子様やお孫さんにとっても、守っていきやすいお墓になったと思います。すっきりきれいになったお墓を、ご先祖様にも喜んでいただけているのではないでしょうか?

このたびは大切なお墓のリフォームをお任せいただいて、ありがとうございました。私どもでお手伝いできることがありましたら、今後もどうぞお気軽にお声かけください。