玉野市をはじめ、岡山一円のお墓・石材のお手伝いをしております、上口石材の長谷井です。土庄町豊島の家浦墓地にて、お墓の整理と先祖墓の建立をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

【施工前後のお写真】

今回は、お世話になっているお寺様からご紹介いただきました。お寺様から近くにある、土庄町豊島の家浦墓地にお墓をお持ちでした。大阪在住のお客様で、このたび奥様が亡くなられたとのことでした。お話しでは、お孫さんがこちらのお墓を継ぎたいとおっしゃっているそうで、お孫さんのためにもこの機会にお墓を整理したいというお考えでした。

 

こちらが施工前のお墓です。お寺様からお墓の場所をうかがって、当店で確認に参りました。古くからの夫婦墓が2基並んでいます。これを整理して、代々墓を建てたいとご希望でした。お墓をひとつにまとめることで、今後お参りや管理のしやすいお墓にして、お孫さんへ受け継がれることになります。

お客様は遠方にお住まいなので、お墓を確認した後はお電話や郵送等でやりとりをさせていただきました。新しく建てるお墓については、工場にある数種類のお墓見本の写真を撮り、拡大したもの等で細かなところまで見ていただいて、その中からご希望に沿うもの2種を詳しくご案内させていただいて、決定となりました。
また、全体的な工事の進め方(2つのお墓を解体・処分する際はお寺様に魂抜きをしていただいてから工事に入ることなど)をご説明したり、詳細なお見積もりを差し上げたりといったことも、今回はすべてお電話等のやり取りで進めさせていただきました。

それでは工事に入ります!

 

まずは、2つのお墓を取り外します。お寺様に魂抜きをしていただいてから、すべてのお墓の取り外しを行いました。それから、新しくお墓を建てるための基礎工事をします。写真は基礎工事の作業の様子です。基礎工事が終わったら、お墓の据え付けを進めていき、完成となります。

 

完成です!

今回、霊標も新しくお作りしました。これまでのお墓に入っていらっしゃったご先祖様のお名前も彫刻しています。これからご納骨の際は、こちらに追加彫刻をしていくことができます。
お墓の向かって左手にあった青石は、バランスを考えて右側に移動しました。

 

青御影石を使用して、明るい色合いのお墓に仕上がりました。耐震ボンドと免震のゴムを使用して、しっかりと耐震施工しています。座布団等もいらない、シンプルな形がいいというご希望で、すっきりとした印象のお墓です。

 

踏み石は、以前からあったものをきれいにして、バランスを考えて据え直しました。一番奥のお墓前の踏み石は、滑り止めつきのものを新しくお作りしました。お墓まわり、階段下の入り口部分は、ふるいにかけた細かい土を敷いて仕上げています。きれいに仕上がりました^^

 

お客様にはまだ完成したお墓を実際には見ていただいていませんが、お写真で完成のご報告をさせていただきました。お電話では、「ありがとうございます。もう少し暖かくなったら見にいかせてもらいますね」とおっしゃってくださいました。お孫さんがお墓を継いでくださるとのこと、地元を離れていらっしゃるお客様にはとてもうれしいお話ですね!^^ 今回の工事で管理しやすくお参りもしやすいお墓になり、安心して受け継いでいかれることと思います。

また今回は、お客様が遠方にお住まいということで、ご紹介くださったお寺様が魂入れ等に立ち会ってくださり、お世話になりました。ありがとうございました。

お客様にお会いする機会は残念ながら今回はなかったのですが、お電話や郵送で細かくお打ち合わせをして、ご希望に沿って進めることができました。もちろん、ご希望に応じてメールでのご対応もいたします。当店では、遠方にお住まいの方からお墓のご相談をいただくこともたびたびあります。こうした場合は、なかなか現地へ来ることの難しいお客様にも安心して工事をお任せいたけるように、密に連絡をとって丁寧に確認をしながら進めていくことを心がけています。これからも丁寧に、ご希望に沿えるよう柔軟にご対応していきたいと思います。