玉野市をはじめ、岡山一円のお墓・石材のお手伝いをしております、上口石材の長谷井です。豊島唐櫃墓地にて、五輪塔と先祖墓の建立をさせていただきましたので、ご紹介します^^

 

豊島唐櫃(カラト)墓地
五輪塔・先祖墓建立 9寸五輪塔、9寸角布団4重台(中国 黒龍) 前面石張り外柵

 

当店の社長の同級生の方より、お墓のご相談をいただきました。ご本人様は他県にお住まいで、ご両親が豊島在住の方です。お父様が亡くなられたのでお墓を建てたいというご相談でした。お母様とご一緒に墓地を確認しにうかがいました。

 

こちらがお客様のお墓です。広い墓地には個人墓や夫婦墓がたくさんあり、お地蔵様を入れると6基のお墓があります。中には今は音信不通の遠いご親族らしいお墓もありました。新しくお墓を建てる場所を確保するのも難しく、お母様もたくさんのお墓をひとつひとつお参りするのは大変だとおっしゃって、お墓を整理してすっきりさせたいというお話しでした。

 


墓地全体はこういった作りで、土留め部分、基礎がコンクリート枠で囲まれています。強度等確認をして、この基礎部分は活用して施工することになりました。また、墓地への入り口は土が流れてくるということで、土のうなどで留めている状態でした。

お墓を整理するにあたり、供養塔を建てることをご提案しました。亡くなられて50年以上経ったご先祖様は供養塔にお納めし、お父様以降のご家族様が入られるお墓として代々のお墓を新しく 遠いご親族の方のご遺骨は、この機会に豊島内のお寺の永代供養墓へお引越しされることになりました。

お墓の外柵や基礎等については、強度等確認をしたところ、コンクリート枠で囲まれた基礎部分を活用して施工することになりました。既存の枠の上に新しい外柵を設置します。

 

完成しました!

工事の工程としては、古いお墓をすべて解体・撤去したあと、既存のコンクリート枠の上に新しく作った外柵を据え付けました。土台のコンクリート枠と新しい外柵の両方に何か所か穴を開け、ボルトを入れてしっかり固定しています。すべてを新しく作り直すのに比べて、費用面も抑えることができました。

 


左側が9寸角布団付き4重台代々のお墓(先祖墓)、右側は古いご先祖様をご供養する9寸の五輪塔です。9寸はお墓のサイズで、棹石の幅を指します。中央には物置石と塔婆立てを設置、先祖墓の左端には霊標を設置しました。今後納骨される方のお名前を彫刻します。

蝋燭立て・香立ては、天面が供物台になっています。すべて石材でお作りすることで老朽化しにくく、見た目にも高級感があります。

 

お墓の周りは砂利を敷き、手前のお参り部分は石貼りで仕上げました。段差もなく歩きやすい、お参りのしやすいお墓になりました。草取りの手間も必要なく、お掃除もほうきで掃いたり水を流したりしてサッときれいにできます。豊島にいらっしゃるお母様がお一人で管理されているお墓なので、できるだけ管理のしやすいお墓にしました。
お写真には写っていませんが、土のうで留めていた墓地への上り口も、寸法を測って新たに石で土留めをし、すっきり安全になっています。

お墓をご覧になったお客様には、すっきりして広くなったね!と喜んでいただけました。墓地そのものは広さがありましたが、たくさんのお墓があって、ひとつひとつお参りするには狭く感じるところもあったと思います。地元にお住まいのお母様にも工事の際に見に来ていただいたりと、お気遣いいただきありがとうございました。

今回の建て直しでは、既存のコンクリート枠の上に新しい外柵を施工しました。既存のものに合わせて作成し、それぞれをしっかり固定する工事は少し手間がかかりましたが、将来にわたって安全で快適なお墓にするため、特に念入りに行いました。すべて取り除いて新しく建てる方が簡単な場合もありますが、お客様のご負担を軽くすることもできたので良かったと思います。日頃お一人で管理されているお母様にも、安心してお参りいただけるお参りしやすいお墓になりましたので、今後は気軽にお参りにお越しいただけるとうれしいです^^