玉野市をはじめ、岡山一円のお墓・石材のお手伝いをしております、上口石材の長谷井です。倉敷市児島の由加山蓮台寺様霊園内に、古代型の五輪塔を印にされた永代供養墓の建立をさせていただきましたので、ご紹介いたします。

 

【完成した永代供養墓です】

 

今回は、30数年前から長くお世話になっているお寺様からのご相談でした。以前からある永代供養の共同墓がいっぱいになってしまってこれ以上ご納骨することができないとのことで、新しく永代供養墓を用意したいというお話でした。

 

こちらのお写真で左手に見える五輪塔が、すでに霊園内にある永代供養の共同墓です。今回お作りする永代供養墓と同じ、古代型の五輪塔を印とされています。

 

お寺様のご担当の方とお話して、この矢印の場所に建てることになりました。奥に見える石垣の上なども検討されましたが、工事方法や排水の確保など、色々なことを考えた結果、この場所に決まりました。

それでは、工事スタートです!

 

基礎工事の様子です。納骨室部分を広くとるため、地面より5,60cmと少し深めに掘り下げています。排水路を確保するためにもこうした掘り下げが必要になってきます。

 

木枠を作って、コンクリートを流し込む準備をしています。しっかりと掘り下げて深さを確保してあります。

 

こちらは木枠をはめて、コンクリートを流し込んだところです。木枠の中が納骨室になります。見えている鉄筋はコンクリートの背骨となるもので、強度面も安心です。

 

納骨室の内部、地下の部分が出来上がり、その周囲に外柵を設置しました。納骨室の中央には水抜きのための穴を設けて、排水路を確保しました。地下だけでこれだけの深さがあります。
これに加えて、地上部分の納骨室の外壁や天板を設置し、その上に五輪塔を据え付けて完成となります。

 

完成です!

地下と地上を合わせ、しっかりと広さを確保した納骨室を備えた永代供養墓が出来上がりました!

 

天板には、納骨する際の入口を4箇所設けました。お花立てが載っているところと、後方のあわせて4箇所から納骨できるので、広い納骨室内でご遺骨が片寄ることなく、まんべんなくご遺骨を納めることができます。広さを十分に活かせるよう工夫しました。
また、誰でも簡単に開閉できるような状態では管理面からも良くないということで、石の蓋石の下にはステンレス製の鍵付きの蓋を設けました。

 

アスファルトの新しい部分は、納骨室下の排水路を通した箇所です。手前の水路に排水パイプをつなげています。

これから20年,30年と永代供養をご希望のご遺骨を受け入れられるよう、納骨室部分の広さを確保することをまず第一に考えてお作りし、しっかりと容量のある永代供養墓に仕上がりました。もちろん強度面や排水についても万全ですので、安心してご納骨いただけます。

お寺様のご担当の方にもご覧いただきました。最初のご提案の通りのいいものができました!と喜んでいただけました。ご提案の際にカラーの完成図面等ご覧いただいていましたので、完成をイメージしていただきやすく、それに沿ったものが出来上がりご満足いただけたと思います。

今回特に工夫したのは、石の蓋石の下にステンレス製の鍵付きの蓋を設けた点です。鍵付きのステンレス蓋がむき出しの状態ですと、石のお墓とのバランスがどうしても崩れてしまいますし、錆など腐食も心配です。そのため、上から石の蓋石をすることで、全体の統一感や美観を損なうことなく仕上げることができました。ステンレス製の鍵付きの蓋は、防犯上お見せできませんが、今回当店オリジナルでお作りしました。少し手間はかかる作業でしたが、その甲斐あって安心してご遺骨をお預けいただける永代供養墓になり、喜んでいただけました!^^ ご遺骨を納める方の立場になって、安心で安全なものを作りたいというお客様のご要望に柔軟にご対応することができ、私どもも大変勉強になりました。

今回はいつも大変お世話になっているお寺様からのご相談でした。お声かけいただきありがとうございました。今後も機会がありましたら、お寺の皆様や信徒様のお役に立つことができればと思っております。