玉野市をはじめ、岡山一円のお墓・石材のお手伝いをしております、上口石材の長谷井と申します。これから、当店でお手伝いさせていただいた工事等の様子をブログでご紹介してまいります!

今回は、土庄町豊島にて、店舗様裏の円形ウッドデッキに合わせたデザイン性のある石積み工事をさせていただきましたので、ご紹介いたします!

 

【完成した石積みとウッドデッキ】

 

今回のご依頼は、「ウミトタ」という豊島にある宿泊施設に隣接したショップの裏手に、ウッドデッキと石積みの工事をしてほしいというご依頼でした。
「ウミトタ」は、外観に豊島石を使用した一棟貸しの宿で、ご自分のリズムやスタイルにあわせて、豊島の素朴な自然を感じながら滞在することができる素敵な施設です。この「ウミトタ」を観光客の方が見に来られたりすることもあって、事務所 兼 ウミトタオリジナルデザインの商品や豊島の写真集を販売するショップが「ウミトタ」のお隣にできることになり、その裏手にウッドデッキと石積みの工事をさせていただくことになりました。

※「ウミトタ」の詳細についてはこちらをご覧ください→「ウミトタ」

 

この斜面の部分に石積みとウッドデッキを作ります。まずは、完成のイメージ図をいただいて、それをもとに設計をしました。自然の斜面ですので、イメージ図通りの完成はなかなか難しいですが、今回は石積みや細かい内容などは、経験と実績のある当店を信頼くださって、お任せいただきました。

工程としては、まずは石積みを作ってから、それに合わせてウッドデッキを設置していきます。
斜面の土を重機で取り除き、水路の部分を養生して、石組みをスタートします。

 

3段ほど組み上げたところです。石組みは職人が石の面を見ながら、「この石とこの石が合うな」という経験から判断して選んで組み上げていきます。石の角などは少し加工してある程度調整はしますが、採石地で選定する段階で、平面のある石など適したものを探して選び、ほとんどは自然のままの石を使用します。

まさに職人技、腕の見せ所です!

 

石積みの裏側は見えなくなる部分ですが、石を据えたあとにセメント系のものできれいに埋め戻しをして、一段一段固めていきます。

 

 

石積みが完成しました!

今回の石組みは、石を組み合わせていくだけでなく、一番上はなだらかな山型で、さらに側面から見ると中央がへこんだ半円のような形なので、そのバランスを調整しながら自然に組み上げていくというところが難しい点でしたが、職人たちの見事な仕事ぶりで、このようなきれいな仕上がりです!

 


ウッドデッキが完成したところです。石積みにきっちり合わせて大工さんに作ってもらいました。

陽が当たると暖かそうですね^^ 自然のままの石積みも柔らかく、あたたかみのあるウッドデッキに仕上がりました。

 

お店の手前、入り口側もウッドデッキが敷かれていて、海の目の前にあるショップにぴったりの、さわやかな外観です。写真右手の入り口正面は海で、お店の大きな窓からは目の前に広がる豊島の海を見ることができ、一枚の絵のような美しさです。「ウミトタ」のコンセプトの通り、まさに豊島の自然の美しさを感じることのできるスポットですね!

こちらはまだ完成前のお写真ですが、完成したお店は「ナミノミ」という店名になり、人気のスポットになっています。”人々が集い、波の音を聞きながら実りのある時を過ごせる場となるように”という思いが込められているそうですよ。ぜひ訪れていただきたい、とても素敵なお店です。

※ショップ「ナミノミ」の詳細についてはこちらをご覧ください→「ナミノミ」